製品紹介

私たちは多様なニーズに応える高度な技術を追求し、日々の営みを豊かにする製品を生み出して来ました。

そして今求められていることは何かを常に追求し、製品化することで更なる社会発展に貢献していきます。

ビル・施設内での使用一例

 キュービクル式高圧受電設備(屋内外キュービクル)


キュービクル式高圧受電設備は、電力会社から建物に送られてきた電力を供給するために欠かせない設備です。
電気を用途に合わせた電圧に降圧し、動力盤や分電盤へ送ります。
工場や学校、病院、商業施設等、多くの大型施設に設置されています。




動力盤・分電盤・制御盤・端子盤


・動力盤・分電盤とは、キュービクル式高圧受電設備から送られてきた電気を
 建物に必要な給水ポンプや空調機、コンセントや照明器具等へ分散し、供給させる装置です。

・制御盤とは、機械や装置の操作や制御をおこなうためのものです。
 運転や停止、異常を知らせる役割があります。

・端子盤とは、各部屋で利用する電話や信号等を電気的に接続する盤です。

中央監視装置


中央監視装置とはコンピューター画面で照明や空調を含む電気設備をコントロールする装置のことを言います。
学校、工場や、商業施設等の電気設備のON・OFF操作、不具合や故障を監視するとともに各フロアーや
設備毎の電気使用量の積算や運転時間等も管理可能です。


振動発電装置

磁歪材料を利用した振動発電ユニットを全国で初めて開発し、自動車走行時の振動エネルギーにより発電した電力で車路の一時停止線上に設置した超省電力LED照明を点灯させる車両誘導システムです。

本振動発電ユニットは高重量の車両振動エネルギーを直接発電機に伝達するため高い発電力と高出力が可能となり、様々な用途での利用が期待できます。

将来構想として、交通量の多い場所に設置することで連続発電が可能となり、交通量の少ない時間に放電を行うなどエネルギーの有効利用も期待できます。更に、スタンドアロン型の発電ユニットであるため、送電網が未整備の場所でも使用が可能となり、電力インフラ整備に関わる省コスト、省人化、省エネルギーに寄与すると考えられます。

(株式会社竹中工務店様・湘南メタルテック様との共同開発)